蜂の子での不眠改善効果のカギはトリプトファン

蜂の子の成分の一つであるトリプトファンは、不眠改善に効果が期待できます。 今回は、その仕組みを紹介していきます。

不眠症と蜂の子

蜂の子の成分は不眠症の改善効果も期待できるのです。 蜂の子に含まれるトリプトファンは、自律神経の乱れが要因となり引き起こす不眠症に効果が期待できます。

主にトリプトファンは体内に入った後、脳に運ばれてセロトニンへ変化します。 セロトニンとは幸せ物質で、心を穏やかにする働きや安らぎ効果、ストレスを軽減する働きをします。

日が沈み夜になって暗くなるとセロトニンは、徐々にメラトニンに変わり眠りをサポートします。 メラトニンは、睡眠ホルモンで体内時計を調節する働きをします。

蜂の子に含まれるトリプトファンは、体内に入った後にセロトニンやメラトニンという物質に変化することにより、不眠症改善効果が期待できると言われています。 蜂の子を摂取することで睡眠の質を高めて疲労回復効果も期待できるのです。

蜂の子成分はいつ摂取すれば不眠症解消効果が得られるの?

蜂の子で不眠症解消効果を得たい場合には、蜂の子を摂取するタイミングが重要になってきます。 蜂の子は朝食に食べることをオススメします。

蜂の子をそのまま食べるときは、すぐには体内で吸収されません。 蜂の子は胃の中に3~5時間ほど滞在した後、小腸へ移動して7~9時間かけて移動し大腸では10時間も滞在して吸収されます。 もちろん個人差はありますが、食べ物を食べて消化や吸収、排泄するのには長時間かかります。

そのことから、寝る直前に食べることは避けましょう。 食べてすぐ寝ることにより、不眠症解消効果を実感することができないだけでなく、慢性胃炎や胃潰瘍、逆流性食道炎を引き起こしてしまいます。

蜂の子をそのまま食べて不眠症解消効果を得たい場合は、消化や吸収される時間を考慮して朝食に食べるようにしましょう。 少しでも早く吸収させたい場合は、食べる順番を一番先にすることで、一番先に消化吸収されます。

蜂の子サプリは、食事と一緒に服用することはなるべく避けて下さい。 食事に含まれているタンパク質が先に消化や吸収されると蜂の子サプリに含まれるアミノ酸の吸収率が悪くなってしまいます。

空腹時に飲むことにより、蜂の子サプリの成分が体内でスムーズに吸収されるため、十分な効果を発揮することができます。

蜂の子サプリを服用する際は、必ず水で飲むようにしましょう。 カフェインが含まれる飲み物で服用すると効果が得ることができません。 また、カフェインにより睡眠を妨げられてしまいます。

耳鳴りがひどく不眠が続いてしまうときにも蜂の子は有効

耳鳴りがひどくつづき寝むれないという方や、不眠から耳鳴りの症状が悪化してしまった方にも蜂の子が改善をしてくれます。 主に耳鳴りの原因はストレスにあります。 蜂の子に含まれる成分が、ストレスを緩和する働きをしてくれます。

また、蜂の子には聴力を上げる働きをするマグネシウムや亜鉛の成分が含まれており、耳の調子を良くするためにも効果的です。

まとめ

人間は不眠症になってしまうと、体の機能が低下してしまいます。 現在、日中眠くて頭が重い、なんだかスッキリしないという方はお早めに蜂の子で対処することをオススメします。

運転する機会がある方は、特に気をつけ無ければなりません。 万が一居眠り運転をしてしまったら大事故に繋がりかねません。 不眠症を軽視しないようにしましょう。

また、不眠症解消が仕事や勉強の質を上げます。 仕事が終わらない、記憶力が低下してしまいなかなか思うように勉強がはかどらないという方にも蜂の子はうってつけです。

睡眠薬を使って無理やり寝ることに抵抗がある方は、蜂の子を摂取して自然な眠りにつけるようにすることから始めてみませんか。 100パーセント自然のものなので体にも優しいので気軽に摂取してみてはいかがでしょうか。