低カロリーの蜂の子でダイエットしてみてはいかがですか

蜂の子は栄養豊富でダイエットをはじめ、美容にも健康にも重宝されている食材です。 そのため、カロリーが高そうと思う方が多いのではないでしょうか。 今回は、蜂の子のカロリーと栄養素について詳しくご紹介いたします。

蜂の子のカロリーはどのくらい?

蜂の子単体のカロリーは、100gあたり111kcal程度です。 これを知って栄養豊富な割にはそこまでカロリーが高いわけではないなと感じる方が多いのではないでしょうか。

ダイエット中の蜂の子のカロリーは気にしなくて大丈夫な理由

カロリーが高いわけではないのですが、カロリー制限をしたダイエットを行っている場合は、100gあたり111kcalの蜂の子のカロリーはどうなの?というかたもいるでしょう。

カロリー制限をしたダイエットでは、体に必要な栄養素まで制限してしまっている状態になりやすいものです。 高カロリーではないもので効率よく必要な栄養素を確保することが健康的なダイエットの秘訣となります。 蜂の子はその条件に適している食材なのです。

ダイエットに有効な蜂の子に含まれる栄養素

蜂の子には豊富な栄養素

蜂の子にはビタミンやミネラル、アミノ酸が豊富に含まれており、これらが健康的に痩せるようにサポートしてくれるのです。 摂取した炭水化物や糖質、脂質などを効率良く燃焼できるよう、それらをエネルギーに変える働きがあります。

ビタミンB群が豊富に含まれていて疲労回復やニキビ予防だけでなく、高いダイエット効果を得ることができます。

このようにカロリーが低いにも関わらず肌の代謝を促進させるビタミンCやコラーゲンが豊富で女性が求めるアンチエイジング効果が期待でき、肌にハリやツヤを与え年を重ねても美しく若々しいプロポーションを作れます。

体内では生成できない必須アミノ酸が蜂の子にはいっぱい

ダイエットといっても20代のダイエットと40代のダイエットでは同じではありません。 アンチエイジングでも言われていますが、必須アミノ酸には人間の体内では生成されないものがあり加齢とともに減少していってしまいます。

その為、脂肪の燃焼のスピードが遅い、ある程度体重は落ちたものの肌のハリや艶がなくなったなどといった現象があります。

それを解決する必須アミノ酸が、蜂の子には豊富に含まれています。 通常の食事ではなかなか摂取しづらい必須アミノ酸が容易に摂取可能と言えます。

ダイエットに効果的に蜂の子を摂取するには

蜂の子を摂取するタイミングはいつがよいのでしょうか?

運動する前に摂る

体内にある脂質や糖質、たんぱく質の代謝を促進する働きがあるため、運動する30分前くらいに摂取することでよりダイエット効果を高めることができます。

また、運動ダイエットすれば筋肉に疲労物質である乳酸が蓄積して疲労を感じてしてしまいますが、蜂の子に含まれる成分は筋肉疲労も軽減してくれる優れた食材なのです。 そのため、運動も継続しやすくなりダイエットを成功させることができるのです。

食事で摂る

夜に食べるのであれば白米+蜂の子の組み合わせはオススメしません。 折角日中脂肪を燃焼したのに、夜に食べることで寝ている間に脂肪として体内に蓄えてしまいます。

ダイエットを成功させたいのであれば夜ご飯は166 kcalの蜂の子温野菜スープがおすすめです。 足りなければ、魚やサラダなど、タンパク質やビタミンを意識した食事をとることをオススメします。

そのため、ダイエット中で蜂の子を摂取するときは朝ごはんに食べて、蜂の子成分を1日の活力にすると痩せる体へ体質改善することができます。

ダイエットにおすすめの蜂の子温野菜スープ

100gあたり111 kcalの蜂の子と1皿あたり55キロカロリー程度の玉ねぎやピーマン、セロリ、キャベツ、トマト、ニンジン、ピーマンを入れてコンソメで味を調えたスープを合わせた蜂の子温野菜スープは166 kcalと低カロリースープになります。

この蜂の子温野菜スープは脂肪燃焼効果が高く、冷え症から足がむくんだり、太くなったりする冷え太りを解消する働きがあります。

多くの女性の悩みである下半身太りを解消する働きがあるのです。 このスープを飲んで運動することによりさらにダイエット効果を得ることができます。

まとめ

100gあたり111 kcalの蜂の子はダイエットに有能な食材です。 ダイエットを成功させるには、定期的に運動し、朝にしっかりと蜂の子の栄養分を取ることをオススメします。

そして、夜は軽めのお食事にすることにより効率よく脂肪を燃焼することができます。 ぜひ、ダイエット中の方は蜂の子を摂取して基礎代謝を上げてみてください。