蜂の子成分をケーキに入れておいしく食べましょう

蜂の子は見た目が幼虫で気持ち悪いと感じてしまう方の為にケーキのレシピを考案しました。 跡形もなくケーキに混ぜてしまえば蜂の子が入っているなんて気が付きません。 ぜひ参考にしてみて下さい。

好き嫌いをなくせる蜂の子ケーキ

蜂の子をケーキに入れて食べれば小さい子供も抵抗ありません。

蜂の子入りにんじんケーキ

材料 15cm型分

  • 卵2個
  • 蜂の子 100g
  • にんじん 60g
  • 砂糖または三温糖 80g
  • 薄力粉 120g
  • オリーブオイル 40g
  • シナモン 少々
  • バニラエッセンス 2~3滴
  • ベーキングパウダー 小さじ1杯
  • バター型に塗る用 適量

初めにオーブンを180℃に予熱しておきます。 ボウルに卵と砂糖を入れて、泡立て器を使用してしっかり混ぜます。

混ぜたらオリーブオイルを少量ずつ加えます。 蜂の子はすり鉢ですりつぶして、人参はおろし器を使用して擦りおろします。

ふるいに薄力粉とシナモン、ベーキングパウダーを入れてヘラを使用して全体を切るように混ぜ、バニラエッセンスを数滴加えます。

型にバターを塗って強力粉を軽くふったら、生地を流し入れます。 予熱しておいたオーブンで約35分間焼きます。 竹串を中心に向かって刺して生の生地が付いてこなかったら、網の上に出し冷まします。

もし、生の生地が付いてきたら再度焼き、焦げないようにしっかりと見ておきましょう。 冷めたらお好みで粉糖をふるって完成です。

マフィン型で焼いた場合の焼き時間は25分程度です。 型が無い場合はマフィンカップを使用して焼きましょう。 その際は25分くらい焼いて様子を見るようにしましょう。

お好みで、焼く前にローストしたアーモンドやくるみ等をトッピングしてもおいしく仕上がります。

蜂の子にはアルギニンが豊富に含まれており、老化防止効果もあります。 またカルシウム成分も含まれており、子供の骨の成長を助ける働きやイライラ防止効果も得ることができます。

にんじんには、カロテンが豊富に含まれており、蜂の子と同様にアンチエイジング効果があります。 その他にもむくみや便秘、冷え症、貧血、お肌の乾燥、血圧改善効果なども得ることができます。

蜂の子入りホットケーキ

材料

  • ホットケーキミックス 200g
  • 蜂の子 60g
  • 卵M 1個
  • 牛乳100cc
  • マヨネーズ大さじ2
  • オリーブオイル 適量

ホットケーキミックスと擦った蜂の子、卵、牛乳、マヨネーズをボウルに入れてよく混ぜます。 フライパンにオリーブオイルを引き、生地を円形に落とします。 フライパンに蓋をして弱火で5分焼きます。

フライ返しで返したら裏側を焼きます。 5分程度蒸し焼きにしてお皿に盛り付けて完成です。 お好みでメープルシロップやバター、ホイップクリームを乗せてお召し上がりください。

ホットケーキは誰でも簡単に作ることができます。 また、オーブンは不要でフライパンで作ることができるため、ケーキ作りが苦手な方でも簡単に作ることができます。

お好みで、チョコレート入れてみればスイーツ系の蜂の子入りホットケーキになります。 また、チーズを入れて作り、お皿に盛り付けたときにサラダを添えるとおかず系のホットケーキになります。 是非いろいろなアレンジを加えてみて下さい。

まとめ

蜂の子をすりつぶしてケーキに入れることで誰でも食べることができるケーキになります。 また、蜂の子入りにんじんケーキは、美容面でも健康面でも体に良い働きをもたらしてくれます。

蜂の子は栄養満点で滋養強壮効果や、耳鳴り、メニエール病発症予防なども期待できます。 緑黄色野菜であるにんじんはカロテンやビタミンAを豊富に含み、摂取すればニキビや吹き出物といった肌荒れを直す働きをしてくれます。

にんじんが嫌いな方は、蜂の子とにんじんダブルで好き嫌いを克服することができ、健康を維持できます。 家族の朝食やおやつのために、蜂の子入りケーキを作ってみてはいかがでしょうか。