蜂の子の成分が老人性難聴の症状改善に効果あり!

加齢とともに低下する身体機能の一つが「老人性難聴」です。 多くの人が悩む可能性がある症状ですが、蜂の子を食べることで改善されるといわれています。

老人性難聴の治療方法

老人性難聴は加齢に伴って症状が出現するため、完全に治療することはできません。 耳鳴りの改善や、耳の聞こえを良くするための対処療法が主な治療方法となっています。 補聴器を利用するなど、通常の難聴の症状に対する治療と対応方法は同じです。

老人性難聴の改善に蜂の子が効く!その理由とは?

そんな老人性難聴の症状の改善には、蜂の子を食べることが効果的であるといわれています。 その理由を探っていきましょう。

蜂の子の成分が耳鳴りを改善させてくれる

蜂の子には豊富な栄養素が含まれています。 滋養強壮のためにも食されている蜂の子ですが、その効能の一つが“耳鳴りの改善”です。

耳鳴りで悩んでいる人を対象に、蜂の子の成分が含まれるサプリメントを一定期間摂取する人々と、蜂の子の成分が含まれないサプリメントを一定期間摂取した人々の、耳鳴りの状態を比較した実験があります。

その結果、蜂の子の成分を含むサプリメントを摂取した人たちは、そうでない人たちと比較すると有意に耳鳴りが改善したという結果になりました。

蜂の子の成分は耳の聞こえも改善してくれる

また、蜂の子の成分が含まれているサプリメントを一定期間摂取した人たちは、蜂の子の成分が含まれていないサプリメントを一定期間摂取した人たちと比べると、高い音域の聞こえの状態が改善していることも明らかとなっています。

つまり、蜂の子の成分が耳鳴りや聞こえの状態を改善してくれることが科学的に証明されているのです。

蜂の子の成分はストレス解消にも一役買っている

蜂の子の成分を一定期間摂取することで、血中にあるコルチゾールの値が低くなることも検証されました。 つまり、蜂の子を摂取すると、ストレスの低減を期待することが出来ます。 その結果、ストレスによって増悪している老人性難聴の症状を緩和することが出来るのです。

加齢とともに低下する身体機能の一つ「老人性難聴」

私たちは年齢を重ねていくと、それまで健康だった体の色々な機能が低下していきます。

目が見えにくくなる、体が思うように動かなくなる等、色々と体の機能が衰えていき、やがて日常生活に支障をきたすようになります。 耳の聞こえが悪くなる「老人性難聴」もその一つです。

老人性難聴の症状とは

50~60代を迎え、徐々に耳の聞こえが悪くなっていくのが老人性難聴の特徴です。 最初は高い音域の音が聞こえにくくなり、徐々に会話の聞き取りが困難となります。

症状の悪化が緩やかなので、最初は気が付きにくいこともあります。 また、老人性難聴の初期症状として耳鳴りが出現することもあります。

ストレスによっても症状が悪化することがある

私たちはストレスを受けると、血中にあるコルチゾールという成分が増えることが分かっています。

そして、このコルチゾールは聴力をつかさどる耳の奥の部位に受容体が集まっており、コルチゾールの増加が耳鳴りの増悪を引き起こしている可能性が示唆されています。

つまり、ストレスが高まり、コルチゾールの分泌量が増えると、老人性難聴の症状が悪化する可能性があるのです。

ストレスと老人性難聴の症状は悪循環を招きやすい

老人性難聴の症状の一つに慢性的な耳鳴りがあり、慢性的な耳鳴りはイライラや抑うつ感などの精神的な負担を高めていきます。

また、難聴の症状により十分に会話が出来なくなることもあり、その症状は大きなストレスと結びつきやすくなります。 その結果、ますます老人性難聴の症状が悪化してしまうという悪循環に陥りやすいことも老人性難聴の特徴です。

まとめ

老人性難聴は根治的な治療が難しく、対処療法が主な治療方法となります。 自分に合った治療方法をいろいろと試していくことが大切になりますが、その選択肢の一つが蜂の子を食べることです。

老人性難聴の症状を緩和し、耳鳴りを改善し、ストレスの低減が期待できる蜂の子を、老人性難聴の治療に取り入れていきましょう。