蜂の子のアミノ酸がメニエール病の改善に有効?

辛いメニエール病は、平衡感覚にも影響するため日常生活にも支障が出てしまいます。 メニエール病の症状に有効なのがアミノ酸となります。 蜂の子に含まれているアミノ酸には、どんなものがあるのかご紹介します。

蜂の子でメニエール病を改善?

耳が詰まっている感じや、めまい、耳鳴り、難聴の症状が出るメニエール病の症状を緩和させることにも有能です。 蜂の子には、必須アミノ酸の9種類全てが含まれています。

必須アミノ酸の中でもトリプトファンという種類の必須アミノ酸がメニエール病に効果的です。 トリプトファンには自律神経を整える働きがあります。

メニエール病特有の症状である耳が詰まる感じや耳鳴り、難聴、めまい等は自律神経の乱れから引き起こされます。 そのためこの症状が蜂の子で緩和できるのです。

蜂の子にはマグネシウムや、亜鉛というミネラル成分も豊富に含んでいます。 これらは聴力に関わる栄養素です。

耳鳴りや難聴の改善効果も期待できます。 蜂の子はストレス改善効果も期待できるのです。

ストレスを感じると、分泌するコルチゾールというホルモンの量が減少します。

耳の聞こえが悪くなったり、耳鳴りはとても強いストレスを感じますが蜂の子を摂取したらストレスを感じなくなったという声も寄せられています。 そして、コルチゾールのホルモン量が増加し、ストレスが軽減されます。

メニエール病は耳が詰まる感じや耳鳴り、難聴、めまいが伴い反復して症状が出て初めてメニエール病だと診断されます。

メニエール病はストレスや睡眠、疲労蓄積が大きく関与しています。 薬による治療のみではなくゆっくりとストレスの原因を見つめ直したり、生活習慣、食生活を正すことが必要です。

メニエール病を引き起こす不眠も蜂の子で改善

メニエール病は不眠であると発症しやすくなります。 しっかりと睡眠の時間を確保することが、メニエール病の根本的改善にも繋がります。

蜂の子はミネラルやタンパク質をバランス良く含んでいる食品です。 体作りに必要不可欠であるタンパク質の主成分であるアミノ酸を18種類含んでいる優れものでもあります。

蜂の子に含まれるアミノ酸の内の一つであるトリプトファンという成分は、自律神経のバランスを整えるセロトニンを作る働きをします。

不安や心配事、極度のストレスで自律神経のバランスが崩れてしまうと不眠を引き起こし、メニエール病を発症しやすくしてしまいます。 蜂の子に含まれるトリプトファンは自律神経のバランスを整えて、ストレスを軽減し夜にしっかりと眠りに入れる働きをしてくれるのです。

蜂の子にはトリプトファンの他にも、ストレスを抑えると言われているカルシウムも含まれているのです。 また、聴力を保護したり、難聴を改善するのに有能な亜鉛やマグネシウムも含まれています。

それらの成分が総合的に作用することにより、不眠を予防することができます。 メニエール病をお持ちの方で不眠の改善することにより、発症しにくい体質に変えることができるのです。

まとめ

メニエール病は、完治するのが難しいと言われている難病でもあります。 薬で症状が緩和したけれどまた睡眠不足やストレス、疲労などで反復して症状が現れてしまうものです。

酷い時は立ち上がることもできず、激しい嘔吐の症状が出て私生活がままならない場合があります。

蜂の子を定期的に摂取することでメニエール病の症状を緩和させましょう。 また蜂の子の効能で得ることができるストレス解消にも頼ってみましょう。

実験を受けた人は実際、耳鳴りのストレスを感じなくなったと回答しています。

自律神経の乱れやメニエール病の原因にもなるといわれているストレスは、自分でコントロールするのは難しいものですよね。 ストレス解消法を見つけておくことも大切ですが、蜂の子を併用してみるのもよさそうですね。

参考:「メニエル病に蜂の子が効くらしい!」