蜂の子とギャバの組み合わせで美しく年を重ねる

よく蜂の子サプリメントでギャバの成分が配合されている商品が販売されています。 そもそも蜂の子とギャバを組み合わせて摂取するとどのような効果があるのでしょうか。

今回は蜂の子とギャバの組み合わせはどのような効果があるのかをご紹介いたします。

蜂の子とギャバの組み合わせ効果

抗ストレス作用

蜂の子に含まれる栄養豊富な成分を摂取するとストレスを感じたときに多く分泌されるコルチゾールというホルモンの分泌を抑制されます。 これはストレスを緩和している状態なのです。

ストレスは精神的な疲労へも繋がりますが、蜂の子の成分を摂取してストレスが緩和されることにより精神的疲労も回復されるのです。

ギャバは人間の脳で抑制性神経伝達物質として働き興奮を抑えたり、リラックス効果を与える抗ストレス作用があります。 そして興奮している神経を落ち着かせる作用があるのです。

現代社会はストレスをたくさん溜めこみ本来体内で十分に生成されるギャバの量が不足しがちです。

これらのことから蜂の子とギャバを合わせて摂取するとストレスを緩和させて癒しの効果が倍増して得ることができるのです。 そして、精神的疲労も緩和されます。 これらの作用は現代社会を生き抜く人々にとっては必要不可欠な作用なのです。

不眠症緩和

不眠症の発症には様々な原因が考えられますが、ストレスを抱えていたり、持病で耳鳴りがあったり、辛いメニエール病を抱えている方は不眠を発症しやすいです。 蜂の子の成分ミネラルやアミノ酸、ビタミンが豊富に含まれており栄養バランスに優れています。

栄養をバランスよく摂取することで耳鳴りやメニエール病を緩和させ、そこからくるストレスも解消してくれます。 また蜂の子には自律神経のバランスを整えて、夜になると静かに睡眠ができる体内環境を整えてくれます。

先程抗ストレス作用の所でも説明しましたが、ギャバには脳の興奮を抑えて眠りにつきやすい体内環境に整えてくれるのです。 眠りにつく1時間ほど前にギャバを摂取すれば体内の温度を下げてスムーズに睡眠できる効果を発揮してくれるのです。

このことにより蜂の子とギャバを合わせて摂取すれば不眠症緩和へと繋がります。

血圧抑える働き

耳鳴りから高血圧の症状が引き起こされることがあります。 耳の周りの血管が硬くなっていると血流が悪くなることがあり、その血行不良の雑音が耳鳴りとなって聞こえるケースもあります。

動脈硬化を抑えるレチンの成分はコリンという成分が原料となっているのです。 蜂の子にはコリンが含まれており、そのコリンを摂取すれば体内でレチンの生成が増加します。 このことにより、蜂の子の成分は動脈硬化を抑制し血圧を下げる働きがあります。

ギャバは摂取すると血圧を高くしてしまう原因のノルアドレナリンの副腎髄質ホルモンの分泌を抑える働きがあります。 そのため、血圧を下げる働きがあるのです。

以上のことにより、蜂の子の成分とギャバを一緒に摂取することにより高血圧を予防する働きがあるのです。

中性脂肪や悪玉コレステロールを抑える

蜂の子に含まれるリノレン酸やリノール酸や中性脂肪や悪玉コレステロールを下げる働きがあり、高血圧や動脈硬化を予防する働きがあります。

ギャバを摂取すると肝臓や腎臓などの内臓の働きを活発にして血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールなどを調整する作用があります。 また、成長ホルモンの分泌を増やして脂肪の代謝を促進し、中性脂肪を減らす働きがあります。

このことにより蜂の子とギャバを合わせて摂取することにより、中性脂肪や悪玉コレステロールを抑える働きがあるのです。

脳の働きを促進

蜂の子に含まれているセリンという成分は脳の細胞を構成する成分のうちの一つです。 このセリンを積極的に摂取することにより脳細胞の働きを活発にしてくれるのです。 そして若々しい脳を維持して、記憶力の低下やアルツハイマーの発症を防ぐことができます。

ギャバを摂取することにより脳への酸素の供給量が増えます。 そのことにより脳細胞の機能が向上し活性化されるのです。 脳障害の後遺症や記憶力低下の予防、学習能力の向上、アルツハイマーの予防にも繋がります。 このことにより、蜂の子とギャバを一緒に摂取することにより脳の老化を防止する働きがあるのです。

まとめ

蜂の子の成分とギャバを一緒に摂取することにより、抗ストレス作用や不眠症緩和、高血圧予防、中性脂肪や悪玉コレステロールを抑える働き、脳の働きを促進する働きなどの効果を得ることができます。

女性はいくつになっても内側から美容と健康を維持して美しくいたいですよね。 ぜひ蜂の子とギャバの力を借りて、美しく年を重ねてみてください。