蜂の子に含まれるセロトニンでうつ病や不眠症を解消

蜂の子にはセロトニンの成分が含まれています。 セロトニンと聞くとうつ病の治療薬や睡眠薬に入っているイメージが強いかと思います。

今回は蜂の子に含まれるセロトニンはうつ病や不眠症に効果があるのか、またその他にもどのような効果があるのかをご説明致します。

蜂の子に含まれるセロトニンについて

蜂の子に含まれるセロトニンはうつ病や不眠症に効果があると言われています。

うつ病

蜂の子に含まれるトリプトファンはセロトニンの成分を作り出す原材料でもあります。 そのセロトニンはうつ病の緩和に有効な成分です。

人間は強いストレスやショック、極度なストレス、セロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンの分泌が抑制されてしまうことで精神的に落ち込み、うつ病を発症してしまうのです。

ノルアドレナリンは快楽や喜びを管理するホルモンで、ドーパミンは興奮や恐怖を管理するホルモンで精神を安定させる際に重要なホルモンです。

蜂の子を摂取するとトリプトファンが体内でセロトニンを生成し、セロトニンを補うことができるため、うつ病の緩和に繋がるのです。 日頃から蜂の子を摂取する習慣を身に付けてセロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンの不足を防ぎ、ストレスへの体制を付けておくことでうつ病の予防ができます。

強いストレスを感じることで体内でのセロトニンの分泌を抑制してしまっています。 蜂の子に含まれるトリプトファンが生成するセロトニンには自律神経のバランスを整えて精神を安定させる働きがあります。

また、落ち込んだ気持ちを救い上げる働きやリラックス効果などもありネガティブな感情を引きずらず、明るい気持ちにさせてくれるのです。 このことにより蜂の子に含まれる成分はストレス緩和作用もあります。

不眠症

うつ病の症状を抱えている方は不安感やストレスから睡眠が十分にとれていないことが多いです。 また、寝むれたとしても浅い眠りになってしまいなかなか疲れが取れないケースもあります。

セロトニンは松果体という脳の組織の一部でメラトニンというホルモンに変えられスムーズに睡眠につくことができるという働きがあるのです。 そのため、夜は不快眠りにつけ、心身共に疲労が回復するのです。

セロトニンは女性に嬉しい効果がたくさん

アンチエイジング

セロトニンにはアンチエイジング効果があります。 抗重力筋という筋肉をサポートする働きがあるのです。

歳を重ねるとともに皮膚がたるみしわが増えて顔になってしまうのは筋肉の低下が大きく影響しているのです。 また、姿勢が悪くなってしまうのも体の筋肉量の低下から来ています。

美しい肌や姿勢は筋肉から作られているのです。 セロトニンの抗重力筋のサポートを受けると顔の血色がよくなったりお肌のハリやツヤ、しわの予防ができます。

また姿勢を正すことにより若々しい雰囲気を出すこともできます。 美しく年を重ねるためにはセロトニンのホルモン分泌を促進させる必要があります。

過食防止

女性に多くみられる傾向はストレスが溜まると過食に走ることです。 食べ過ぎは、胃や腸に負担をかけるだけでなく、体重増加や肌荒れなどを引き起こし、過食は女性の最大の敵でもあります。

セロトニンを分泌させることで、ストレスを緩和して過食を防止する働きもあります。 ダイエット中のストレスも緩和させることができるため、ダイエットを継続しやすくなります。

まとめ

ハッピーライフを送るためには、セロトニンは必要不可欠なホルモンです。 日々のストレスでセロトニンが不足しがちのため、蜂の子を積極的に摂取するようにして、心身共に美容と健康に気を遣ってみてはいかがでしょうか。