蜂の子と尿酸値の関係性とは!?

健康診断で行う尿検査の項目に尿酸値という欄があります。 尿酸値とは一体何なのか、尿酸値の結果が悪いと健康上問題があるのか、どうしたら尿酸値を正常値に戻せるのかなど尿酸値について様々な疑問をお持ちの方はいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、蜂の子で尿酸値を正常値にすることができるのか調べてみました。 是非、参考にしてみてください。

蜂の子でダイエットして尿酸値を正常値にする

蜂の子は尿酸値を正常にする手助けをしてくれます。 蜂の子には尿酸を蓄えやすくする脂肪を燃やす働きがあります。

尿酸の数値が高くなることと、肥満には強い関連性があります。 尿酸値を高める原因であるプリン体は、すべての食品中に含まれていることがほとんどです。 そのため、肥満者が高尿酸血症になる要因として過食が考えられます。

また、脂肪は尿酸値を下げるインスリンが分泌されにくくなるため、より尿酸を再吸収されやすくなり、尿酸の排泄力が低下してしまいます。 このことにより、ダイエットを行うことが尿酸値を下げる近道と言えます。

蜂の子に含まれている必須アミノ酸の中の一つであるアルギニンは、ダイエットに効能な成分なのです。 アルギニンはリパーゼという脂肪を燃焼させる酵素が含まれており、脂肪燃焼する働きがあります。

その効果により体内に蓄積された頑固な脂肪も落ちやすくなります。 脂肪が蓄積されることにより、尿酸の排泄力が低下してしまった体質を改善してくれる働きがあります。

また、アルギニンは新陳代謝をアップして太りにくい体質にしてくれます。 過食することを控えて蜂の子を摂取することにより、尿酸値を抑えやすくなる働きがあるのです。

食生活で尿酸値を高めてしまうのは主に肉類や魚介類です。 野菜や乳製品は尿酸値を下げる働きがあります。

食生活を野菜中心のものに変えて、蜂の子を積極的に摂取するだけでも尿酸値の数値が正常に近づきます。

蜂の子で尿酸値を抑えられる健康レシピ

蜂の子と野菜の組み合わせは、尿酸値を抑えるためにダイエットをしている方へ積極的に摂取して頂きたい食材です。 中でもオススメなレシピを二つご紹介します。

蜂の子入りミネストローネ

材料

  • ホールトマト缶 1缶
  • にんじん・じゃがいも・ブロッコリー・キャベツ・たまねぎ等お好みの野菜 適量
  • マッシュルーム・舞茸などお好みのきのこ 適量
  • 蜂の子 100g
  • 固形のブイヨンまたはコンソメ 1個
  • オリーブオイル 適量
  • 塩コショウ 少々
  • パセリ 少々
  • お水 500ml

調理法はとても簡単です。 油を引いた鍋で野菜と蜂の子を炒めた後、お水を入れてきのこ類、ホールトマト缶、固形のブイヨンまたはコンソメを入れて煮込むだけです。

塩コショウで味を調えて、お皿に盛りつけた後は、パセリを刻んでトッピングすれば完成です。 蜂の子や野菜の栄養が溶け出してしまっても全て摂取できるため、体液をアルカリ性に傾ける働きが期待できるレシピです。

またこのレシピはいろいろなアレンジができます。 入れる具材を少し変えるだけで蜂の子入りポトフにもなります。 パスタなどを加えて蜂の子スープパスタなどのメイン料理にすることもできます。

蜂の子入り海藻サラダ

材料

  • もずく酢 1個(カップに入って売っているもの)
  • レタス 4枚
  • 乾燥しているお好みの海藻類 40g
  • トマト 1個
  • 蜂の子 100g

乾燥している海藻類はお湯でもどしておきます。 戻したらもずく酢と合わせておきましょう。

レタスは食べやすい大きさにちぎり、トマトは食べやすい大きさに切ってお皿に盛りつけます。 その上に海藻ともずく酢を合わせたものを盛り付けましょう。

蜂の子は生で盛り付けてもおいしいですが、少量のオリーブオイルでカリッと痛めてからトッピングするのもオススメです。 ドレッシングはノンオイルのものを使用すればさらに健康的な料理になります。

蜂の子の見た目に抵抗がある方でもいろんな食材と混ぜて料理することで、食べやすくなります。 ぜひ試してみて下さい。

まとめ

健康診断で尿酸値が高いという結果が出た方は、尿酸が蓄積されないよう気を付ける必要があります。 蜂の子を摂取することにより、尿酸値の上昇を抑えることができます。

尿酸値が高い原因は他の病気のサインでもある可能性もあるため、心配や不安を抱えているようでしたら、すぐ医療機関へ相談しましょう。